かーきアサヒの建築手記

建築デザインについての時短術や現留学先での生活の違いを面白くまとめていきます

中国留学

ソフト無法地帯事情

しばらく記事の更新を休んでいましたが、建築学生や設計業界に参入したばかりの人達を困惑させてきたソフト事情について疑問の声を聞くことが多かったので、私の調べた内容を書き記そうと思います。 ソフト無法地帯の実情 デザインツールの一般知識について …

北京都市の変遷と災害との関係まとめ

都市は度重なる想定外の災害を経て、市民が犠牲になったり、経済損失が出たりしました。今回はここ数十年の北京での災害と災害後の対策や変遷についてまとめようと思います。 災害一覧

建築はもはや商品なのか?中国建築界の闇について迫る!

現在中国での一級建築士資格を持つ者はおよそ3万人といわれ、中国国内の建設需要と比べるとまだまだ人材が不足しているのが実情です。事実、隈研吾設計事務所やザハ・ハディド設計事務所などの個人事務所が日建や国内の設計事務所などの大規模設計グループと…

”ミニ記事”SARSの再来か?新型コロナウイルスが流行っている北京の現在…

昔Plague.Incという全世界の人類をウイルスで制服する、といった内容のゲームを遊んでいた時期がありましたが、二十日頃の肺炎に関するニュースを見た際に、濃厚接触や空気感染といった感染手段があるコロナウイルスの危険度が、ニュースで報道されている実…

違法ダウンロードや海賊版なんて当たり前!?中国の建築科に横行している闇に迫る!

SANAA(妹島和世が在籍する建築事務所)のインターンから帰ってきた実習生に伺った話ですが、デザイン案のレンダリング、そしてパース図の制作を中国のパース会社に委託しているとのことでした。事実、中国のパース会社にはコスパの良さに加え、優秀な人材が…